<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんなんだったんかな?

レモンストレイナーの画像をアップする前に。。。

とある事を調べていて、V&Amuseamの所蔵品画像にあるウースターの
ティーキニスターを見つけました。
以前載せたウースターのティーキャニスターと形が良く似ていて、
ちゃんとオリジナルの蓋もついています。

私の持っているのは蓋無しで、東京の銀屋に頼んで作ってもらったのですが、
きっとオリジナルの蓋の形はこんなんだったんだろうな~って
想像することが出来ました。
それが、コチラ↓
画像はV&Amuseamからお借りしてきました(向かって右)。

e0262861_22320605.jpg
ここ、この口の部分の金彩↓。
最初、蓋で見えなくなるだろに、どうして模様が描かれてるんだろうと
素朴な疑問が湧いてきてました。
でも、オリジナルの蓋の形が分かって良く見ると、口の部分がすっぽり隠れるんじゃ
なくて、口の途中までしかカバーしてませんよね?
(ちょこんと乗っかってるだけ?)
だから金彩を施しても蓋に隠れないから見えるんだ~って初めて分かりました。
e0262861_2150437.jpg


蓋の形が大体分かってなんだか嬉しい❤


[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-03-30 22:39 | アンティーク | Comments(0)

近頃は。。。

e0262861_12573106.jpg
仰げば尊し わが師の恩。。。とは歌わないのね。
蛍の光も無かったし。。。いつの時代の話だ?!って感じ(爆)
校歌と君が代以外は皆最近の歌ばかりで、演出凄かった\(◎o◎)/!

[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-03-23 12:59 | つぶやき | Comments(0)

リンクのお部屋に追加です。

リンクのお部屋に1つリンクを追加しました。
なぜか外部リンクが出来なの。どうしてかしら??

陶迷庵でいつも素晴らしい18世紀の陶磁器や。それらについての詳しい説明をしてくださっている
kazuさんのホームページです。

一瞬、美術館にでも足を踏み込んだような錯覚にとらわれてしまうような、
素敵な空間が広がっています。

kazuさん、いつもお話有難うございます♪


[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-03-21 17:58 | リンクのお部屋 | Comments(2)

こんな所に。。。かくれんぼ❤

e0262861_23145415.jpg
去年だったか、缶のデザインを買えたんですよね?フォートナム&メイソン。
こちらは旧デザインの紅茶缶。この缶にデザインされている物、なんだかお分かりですか?
中央にレリーフと丸いシールが貼られてますよね?

それはコチラ。。。
e0262861_23151619.jpg
以前本かネットで読んだんですが、ティーストレーナーらしいです。
隣に並べて比べてみたら、なるほど~♪

e0262861_23155223.jpg
大きいタイプと小さいタイプ。二つ並べてみました。
ボールのピアッシングも綺麗なんですよ❤
e0262861_23160773.jpg
そして~~~!
これは。。。。

e0262861_23324008.jpg
じゃん!
レモンストレーナーです❤
1760年頃の古~いものですが、古さを全く感じさせないです。
e0262861_23344773.jpg

ティーストレーナーと比べるととっても大きいでしょう~?!

ティーストレーナーの原形と言えば、モートスプーンが有名な話になっていますが、
こちらのタイプのティーストレーナーは、レモンストレーナーが元になっているらしいです。
レモンストレーナーを小さなサイズでティーストレーナーとして作ったとか。

私が持っているのは片手タイプですが、ティーストレーナーのように両手タイプの物もあり、
ビクトリアン後期から見られるティーストレーナーにそっくりです。
両手タイプのレモンストレーナーの画像をお借りしてきました。ジョージⅢ製の時代1780年ごろのものです。

e0262861_23421235.jpg

そして。。。
私が持っている取っ手が両手のサイズ大きめのティーストレーナ~❤
e0262861_23283218.jpg
うーん、そっくり(^O^)
そっくりですが。。。レモンストレーナー自体は紅茶とは関係なく、パンチと呼ばれるカクテルドリンク用の物らしいです。

レモンストレーナーについては、また後日に書きますね!


[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-03-16 23:55 | アンティーク | Comments(0)

可憐なつまみ

 

 
ここのところ、お花のつまみのティーポットが少なくなってきたと聞きます。
ディーラーが出し渋っているのか、はたまた品薄なのかは分かりませぬが。。。

ビクトリアン以前のポットなどは凝ったつまみの物が多く、つまみだけでポイント高しです。
e0262861_00115665.jpg
一番大好き!野バラのつまみ❤

e0262861_00082034.jpg
何かのお花(笑)のつまみ。
ちょっと分かりにくいかな~??

そしてロゼット咲の薔薇のつまみ。
こちら、正確に言うとポットじゃないの。
e0262861_17130721.jpg
何かのお花のつぼみか、木の実のつまみ。
e0262861_00201286.jpg


↓画質悪くてすいませんm(__)m
前のブログに載せた写真がパソに残って無くて、古いブログから持ってきました(汗)
お花のつぼみです。
e0262861_00330710.jpg
お花だけでなく、鳥さんとかリスさん、人、ドングリとか、色んなつまみがありますね。
時代を反映したもの、流行を反映したもの、オーダー主の好みなど様々です。

でも。。。
つまみ易さを優先させると、象牙とか木製の方がつまみ易いですよ。
だって紅茶の熱で熱くならないもの(笑)

オマケ画像。
ずっと前にブログでもご紹介しましたが、余りにお花の細工が素晴らしくてもう一度載せちゃいます!

e0262861_00125054.jpg
菊~~❤
なんてリアルなの~!
ちっちゃなティースプーンのハンドルの先に、こんなに凝った細工をするなんて\(◎o◎)/!


[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-03-07 00:43 | アンティーク | Comments(0)

手放せなかったもの

訳あって、アンティークショップに委託販売をお願いしていた物がありました。
今までもいくつかお願いしたことがあるのですが、今回は連れ戻しました。
どうしても手放せなかった。。。
お気に入りのバチェラーサイズのティーサービス。
e0262861_22483386.jpg
清楚な雰囲気で、クローバーやベリーの葉っぱ?が彫られています。
この時代らしく自然主義的な意匠ですね。
作られたのは1881年
e0262861_22494609.jpg

クリーマーとシュガーの中の金彩がとっても綺麗。。。
ポットのつまみは象牙です。
e0262861_22463968.jpg
エングレーヴィングはちょっと変わった彫り方がされてるんですよ。
そして珍しく日本的な「余白」が取り入れられてます。
e0262861_22471012.jpg
クローバーの中の葉脈は、立体感あふれる雰囲気に彫られています。
e0262861_22401357.jpg
e0262861_22413645.jpg
モチーフの輪郭が太めのフリーハンド的な線ですね。
太さも一定ではなく、力強さがあります。
e0262861_22420900.jpg
バチェラーサイズは1~2人にはとても使いやすいサイズだと思いますよ。
ポットも重たすぎず手軽に注げます。

ゴージャス過ぎないので、友達にドン引きされる心配もない(爆)

[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-03-06 17:49 | アンティーク | Comments(0)