<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ロココ風♪

私が今持っているテーブルクロスの中で、一番ロココな物をご紹介しますね(*^_^*)
中央の刺繍も素晴らしいですが、幅広のボーダーには貴族の男女らしき人々が編みこまれています。

このレースを受け取った時、あまりの華やかさに驚き感動しました❤
薄手のリネンが清楚で美しく、レース細工は繊細で手が込んでいて素晴らしい。。。(ボーダーはマシンレースかもしれませんが、デザインが秀逸です)

e0262861_22323076.jpg
e0262861_22324962.jpg
e0262861_22333781.jpg
e0262861_22335913.jpg
e0262861_22342625.jpg


全体像は。。。

e0262861_2235533.jpg
e0262861_22365915.jpg
e0262861_22374045.jpg
e0262861_223848.jpg


なんだかもったいなくて使えない?!
でも、プリンセスレースのテーブルクロス同様に、眺めているだけで癒されます~(^^)
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-02-12 22:46 | アンティーク | Comments(4)

ずっと欲しかった。。。

真っ白なリネンの刺繍の入った「ティーコゼー」

e0262861_22111912.jpg


見つかりそうで、なかなか見つからなかったのです。
仮に見つかってもデザインが気に入らなかったり。。。(^^ゞ

こちらは一目で気に入ってしまいました。
上のカバーは、下の綿入り本体から外すことが出来ます。これは、カバーも下の本体も洗えるし、
本体が汚れても(紅茶がついて)上のカバーは無事。と言う事にもなります。
上のレースのカバーはアンティークなので、あまり汚したくないですよね。

やっぱり銀のティーポットにはこの真っ白なリネンのティーコゼーが良く似合うと思います~(^O^)
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-02-06 22:18 | アンティーク | Comments(4)

コンディメンション その2

前にもお話していて、なかなか画像をアップ出来ずにいましたコンディメンションパート2(*^_^*)

年代は古いものではないと思います。アメリカ製かな?
こんなスッキリした縦長タイプは大好きなんですよね~。

e0262861_20433968.jpg
e0262861_20441427.jpg
e0262861_20443385.jpg


前回のガラスのコンディメンションの時に、直接調味料が銀肌に触れるのは嫌なので、ガラスの方が好きと書いたと思います。
でも↑の写真を見て、「あれ」と思われたかもしれませんね~。

実は~、内部はガラスが埋め込まれてるんですよ(*^^)v

e0262861_2045136.jpg
e0262861_20452154.jpg


ムフフフ。
ぬかりは有りませぬ(^^)

このようにシンプルなデザインは大好き~!
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-02-04 20:50 | アンティーク | Comments(0)

コンディメンションの新しい仲間

先日ご紹介したガラスのコンディメンションセット。
塩入れが仲間に入った話、しましたよね~??

これがその塩入れです。
カットガラスの上部口にシルバーが被せてあって、デザイン的にも良く似てませんか?

e0262861_239438.jpg
e0262861_2393358.jpg

ヤフオクで偶然見つけ、アンビリーバボーなお値段でゲット!
ガラスのカットが特に似ていて、一緒にしても違和感が無いでしょう~?
e0262861_2395056.jpg

↓なんか、バックに立てた板が光って、コンディメンションが写りこんでる~(@_@)
お見苦しくてすいませんm(__)m
e0262861_23102193.jpg
e0262861_23103710.jpg


このキラキラ光るカットガラス、凄く好きです。
e0262861_23105922.jpg

[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-02-03 23:17 | アンティーク | Comments(0)

銀線細工の歴史について

先日KEI様よりご教授いただいた平戸細工についてですが、
なんとフィリグリーについてご紹介したサイトに載っていました(汗)
見落としです~((+_+)) すいませんm(__)m

平戸細工

上流階級のものであった欧州のそれと違い、日本では一般の人々にも愛された細工であったようですね。
うーん、本当に面白いですね。
彫金工芸は色々共通点や似たような物もあって、その背景を調べてみるのも楽しいです。(時間が無くて、なかなかそこまで行きませんが。。。)

KEI様
いつも教えていただき有難うございます~(*^_^*)
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-02-03 18:45 | つぶやき | Comments(0)