カテゴリ:アンティーク( 78 )

○○の為の。。。

英国銀器には、ある特定の為だけに作られたものがありますよね~?
○○の為の。。。ってやつです(*^_^*)

これ、何のためのものかお分かりになりますか??
e0262861_22190537.jpg
e0262861_22204726.jpg
e0262861_22201378.jpg
e0262861_22193912.jpg
なんだかスプーンのボールの先がとんがってますね~。
ボールのサイズも大きめ。

e0262861_22255803.jpg
ボールの深さも普通のスプーンより深いです。
スプーン全体の大きさは14.1センチ!

じゃじゃじゃ~ん!
これはですねぇ~。。。

e0262861_22242181.jpg
グレープフルーツスプーンでした!
グレープフルーツを食べるために作られたスプーンです。
横半分にカットしたグレープフルーツの皮と実の間に刺して掬って食べます。
今もボールにギザギザがついているメロンスプーンってありますよね??
あれに似てるかも。

そしてグレープフルーツスプーンはハンドルがシンプルなものが多い中、こちらは凄く綺麗なピアッシングが施されてます\(^o^)/
ブライトカットも素敵~❤
e0262861_22243817.jpg
ビクトリアンではないけれど(1932年製)、朝フルーツを食べるモーニングティーとかで登場させたい!と思ったので良しとしました(私のポリシー→出来る限りビクトリアン以前の物を集める)。


[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-02-20 22:46 | アンティーク | Comments(0)

ずっと欲しかったの。。。

あの、、、まずシュガートングさん、
コメントのお返事遅くなって大変申し訳ありませんでした!
アメブロ楽しみに拝見しています。コメント残せなくてすいませんm(__)m

そして今日のお題ですが。。。
カスタードカップ。
ありそうで無い、4個以上のセット。
1個や2個は見つけることが出来るのですが。。。やっぱりセットで持ちたい!
そしてついに、ついに好みのタイプを見つけました(*^_^*)

と言ってもガラスは割れやすい→高価なものは二の足を踏む。。。
ロブマイヤーのデザインが大好きな私も、いざとなったら買えません~(>_<)
と言う訳で、これからご紹介するのはそんなに高価なもじゃないんですよ。
イギリス製でビクトリアンとのことです~。

その1
カスタードカップ4個セット。
e0262861_17432155.jpg
e0262861_17442684.jpg
e0262861_17454211.jpg
e0262861_17445554.jpg
e0262861_17455690.jpg
1個1個に手作業でエッチングされたエレガントな図柄が素敵!
一番のお気に入りに~❤

その2
カスタードカップ5個セット

こちらもビクトリアンらしですが、深いカットが光を反射してキラキラ綺麗です~(*^_^*)
クリスタルなので、はじくとカーン?キーン?と綺麗な音が響きます。
しっかりした作りで、どんなアンダーディッシュにも負けない力強さがありますよ。
アンダーディッシュ、、、カスタードカップの下に敷きたいお皿~♪
e0262861_17470928.jpg
e0262861_17462019.jpg
e0262861_17464342.jpg
4個セット、5個セットで見つけたカスタードカップ。
欲を言えば6個セットがいいんだけど、なかなか難しいですね。

もうひとつ、凄く欲しいカスタードカップがあるんですが、今のところ1個しか見つけられてません。。。
お店の人に、是非セットで。。。とお願いしていますが、はたしていつのことになるやら。。。


[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-02-15 17:55 | アンティーク | Comments(3)

二色使い

e0262861_23080256.jpg
なんか、上手~い具合にツートンカラーになってません?
白蝶貝ハンドルに彫りこまれた植物の形に沿って、上部がピンクで下部が緑。
連続模様なんでしょうけれど、下部の葉っぱの部分が緑なんて偶然??
上部はお花でその上はまた葉っぱかしら?でもお花の部分がピンクになるなんて。。。(^O^)
これ、計算づくで彫ってるんなら素晴らしいわ~!

白蝶貝の虹色もたまりまへんわ^m^
e0262861_23084235.jpg

[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-01-25 23:14 | アンティーク | Comments(2)

ブローチかと思った。。。

e0262861_16340779.jpg
初めて手にとって見た時、キラキラとまばゆく輝くゴールドギルドに感激。
ベタっとした生地ではなく、ため息が出るほど細やかに線で彫りこまれた表面。
これが、光を反射して四方八方へと光を放っているように見えました。夜、蛍光灯の下で見た光は、より深みを増して重厚に見える。

これ、皆さまのご想像どおり、ティーキャディースプーンでした〜♪
e0262861_16401803.jpg
e0262861_16405761.jpg
ティーキャディースプーンを集めているわけではないのですが、つい綺麗なものを見つけると欲しくなっちゃいますね(汗)
本や博物館にあるからと言って、同じ物を買うつもりはなく(そうやって集めると辛くなるんです。好きじゃない形の物も手に入れなきゃって負担になって。。。)、心の向くままにお迎えしてます?
だから、いつも同じような物ばかり。いいんです、好きなら(笑)

ゴールドギルドにエングレービングと言えば。。。コチラも綺麗です。
e0262861_16444557.jpg
e0262861_16453197.jpg
ゴージャスで素晴らしく綺麗です(^O^)
フルーツナイフ&フォークやサーバーなど。。。我が家にいくつかありますが、
小ぶりなアイテムにギュッと詰まった「美」が良い仕事してますよねぇ〜(笑)



[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-01-11 17:02 | アンティーク | Comments(3)

めちゃ忙しい。。

年始は休みも多く、仕事が山のように。。。
普段は1時頃までには終わるのに、今日は3時半!しかも途中で切り上げた~(>_<)
明日が怖い。。。
せめて銀器と多肉ちゃんを見て癒されよう~~^m^
e0262861_17130721.jpg
↓美味しそう~(爆)
e0262861_17173749.jpg

[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-01-08 17:20 | アンティーク | Comments(0)

もう一つの。。。

もう1セット、イニシャル入りのティーナプキンがあります。
e0262861_15354391.jpg
e0262861_15360339.jpg
先日とはまた違ったデザインのイニシャル。
色んなデザインがありますね。
私は花文字が一番好きですけど。。。

e0262861_15464297.jpg
e0262861_15470778.jpg
e0262861_15454607.jpg
e0262861_15444471.jpg
実はステッチにも嵌っていた時期があります。
1800年代中盤からの花文字のデザインブック(現代版)は私の宝物。
今も昔のデザインを集めたパターン集が発売され大人気です❤
デザイナーはフランス人でイギリスとは関係ないのですが、秀逸なパターンには心奪われます。
色は自分で選んでみました。赤と青は当時流行ったのでしょうか?よく見かける組み合わせなんですよ。
赤&青は昔の物を参考に、刺繍糸を選びました。
赤&グリーンも素敵なんですよねぇ~。。。また刺してみたいです(*^_^*)

e0262861_15525480.jpg
植物とは思えない、メタリックなボディ(^O^)
夜、蛍光灯に照らすとなおのこと、葉の裏側もキラキラと光ってミラーボール見たい!
葉っぱの縁取りはまるで刺繍糸で巻かがって厚みを出したような雰囲気。。。
ちょっと妖艶な、でも見ると可愛いヤツです❤

[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-01-06 16:01 | アンティーク | Comments(0)

お気に入り♪

私の「好き」が一杯詰め込まれてます❤

e0262861_11275948.jpg


立体感あふれる刺繍。
リボン
イニシャル
薔薇

e0262861_1130597.jpg


6枚揃うと壮観ですな。
エレガント極まれりです(*^_^*)

e0262861_11560719.jpg

[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-01-05 11:36 | アンティーク | Comments(0)

ちなみに。。。

こちらがロイヤルウースター❤

昨日のオールドウースターに引き続きウースターネタです(^^)

お気に入りのビスケットバレル♪
野バラの絵がツボです←野バラだと信じたい!野バラ大好き人間ですから(爆)

気軽にイレブンジィズで使いましょう~。
e0262861_11135137.jpg
e0262861_1114094.jpg


こちらもお気に入りのコンポート。
何を乗せるかはお楽しみ♪ 
色々アレンジして乗せちゃいましょう~。
e0262861_1114289.jpg
e0262861_11143772.jpg


オールドウースターは古いものですし、なんとなく周りの方々からの反応で?気軽に使えない気がするのですが(笑)→でもお迎えする時に、ディーラーから「私はもう十分楽しみましたので、○○でお譲りいたしますよ」と
言われ、非常にリーズナブルな価格だったのでしょう。有難くお受けいたしました(*^^)v

こちらはロイヤルウースターの中でも身近なお値段だったので、使いやすいかな?
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-04-09 11:29 | アンティーク | Comments(4)

ロイヤルウースター改め、オールドウースター!(Kazuさん、有難うございます)

e0262861_2150437.jpg
e0262861_2150585.jpg
e0262861_21513971.jpg


あれ?果物の絵が描いてない?
あれ?アイボリーブラッシュじゃない?

なんて声も聞こえてきそうな図柄かしら。。。(^^ゞ
上記のようなペイントはロイヤルウースターの良く見かける有名な図柄やペイントですものね~。

陶磁器に関してはほとんど知識が無いので、詳しく掘り下げて説明はできないのですが、
こちらは18世紀に作られた古いウースターのティーキャディー本体です。

最初は同じ素地にペイントされた蓋がついていたと思われるのですが、長い年月の間に破損したのでしょう。
蓋が無いとティーキャディーとして使えないので、東京の銀屋に頼んでスターリングシルバーの蓋を作ってもらいました。

フルートデザインの本体に、手書きでガーランドが描かれています。
少し青みがかった白い肌に緑色が綺麗ですね。お花のカラーや上部のセルリアンブルーもポイントになっています。
そして金彩も少しですが施されています。
なんだか素地に柔らかい表情があるように感じます。

あぁ、陶磁器に詳しい方!間違った解釈をしていたらごめんなさい~。
遠慮なく指摘してくださいね。

e0262861_2214292.jpg
e0262861_2215893.jpg
e0262861_222746.jpg
e0262861_2221938.jpg

[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-04-08 22:13 | アンティーク | Comments(4)

リバティ♪

e0262861_22442463.jpg


リバティと言う名前を初めて聞いたのは、まだ社会人になってまもなくの頃でした。
その時はリバティプリントと言って、カラフルで小さな小花がびっしりとプリントされた薄手の布のメーカーとして知っていると言う程度。
当時私がハンドメイドに凝っていて、パッチワークなども習っていたせいもあって憧れの布となっていました。
だってね、お高かったのよ(笑)
そして、松浦香苗さんのパッチワークの本にリバティプリントを使った作品が沢山紹介されていて、それが物凄く素敵で綺麗だった!

日本には無い色使い。透明感があって、カラフルな花々。それらを魔法のように組み合わせて作られた作品は、アメリカンパッチワークと言う枠を取っ払って、ヨーロピアンな仕上がりに!
色彩の魔術師と言った方がいいかもしれませんね。松浦香苗さんって。
彼女の大ファンで、全ての本を買ったものの今は実家に。何処にあるのかも忘れてしまってます。。。(汗)

e0262861_22515644.jpg

こちら、リバティのペストリーフォークセットのハンドル。


リバティ社はアーサー・ラセンビィ・リバティによって、1875年に日本や東洋の装飾品、織物、その他様々な芸術工芸品を販売する店として開業しされました。
そして1890年代にリバティと交流のあったデザイナーの多くは、アーツ・アンド・クラフツ運動やアールヌーボーにおける中心的存在でした。
テキスタイル業界の中心人物のリンゼイ P. バタフィールドや、芸術のあらゆる分野で活躍した優秀なデザイナー、アーチボルド・ノックスなどです。リバティは、これらのデザイナーをバックアップすることで、アールヌーボーの発展に貢献したのです。
 
(リバティ社ホームページより抜粋)

このフォークのハンドルのデザイン、ケルト風?
アールヌーボーやケルト風を集めているわけではないけれど、このデザインにはなぜか心ひかれてしまいます。
大好きなデザインなんですよね~❤
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-04-05 23:05 | アンティーク | Comments(9)