<< 時を刻んで。。。 さてさて正体を明かしましょう~♪ >>

teapoy❤

teapoy
(ティーポイ)
1850年頃
イギリス製
e0262861_20470519.jpg
なんと150年以上前の木製家具式ティーキャディー!
なのに、物凄く状態が良いんです。お店の人もそこは一押し❤
ひび割れも勿論なければ、破損も無し。画像でうつっていない裏側も
とっても綺麗な状態です。
こんなに状態が良いまま残っているなんて~016.gif
そして木目が非常に美しいマホガニーで作られています。

木製ティーキャディーは18世紀から作られて、
中に仕切りが無く、茶葉を入れた上に落とし蓋を乗せ、外蓋を
閉めるタイプの物から、2つに仕切られたもの、三つに仕切って
左右に茶箱と中央にガラスのミキシングボウルが収められたもの、
色んなタイプの物が見受けられます。

ティーポイが登場したのは、19世紀初頭になります。
以下、「英国骨董紅茶銀器 シリーズ3」の中から、ティーポイに関する説明を
ご紹介します。
この冊子に紹介されているティーポイは、東京にあった(現在は閉鎖されたらしいです)
英国伝統紅茶博物館所蔵のもので、私はその存在を初めてここで知りました。

ティーポイとは
ヒンズー語で三脚(teapai)という意味の言葉で、お茶とは無関係です。
19世紀初期、ティーキャディーを置く三脚テーブルが流行し、数種の茶葉や
ミキシングボウルなどが内蔵されたチェスト付き家具を
ティーポイとよぶようになりました。
(以上、上記冊子より抜粋)

このティーポイ、
検索して見かけるのは大体1870年頃までのものばかりです。
場所も取るし、流行も変化します。紅茶自体も高価では無くなって、
鍵をつけて厳重に保管する意味が薄れてきたのではないでしょうか?
そして、次第に作られなくなったのかもしれませんね。



↓正面には手の込んだレリーフが彫り込められ、
横にはレリーフが貼り付けられているのでしょうか?浮いたところがないから
嵌めこみ?!

e0262861_20490107.jpg
上の天板は横38センチほど、縦30センチ弱
床から天板まで70センチくらいです。

e0262861_20461743.jpg

e0262861_22051324.jpg

なんとオリジナルのカギ付きで、ちゃんとかかります♪

e0262861_20455780.jpg
蓋をかけると、2つのミキシングボウルと
2つの茶箱が収められています。
茶箱には、丁寧に作られた取っ手がついています。
e0262861_20453013.jpg
e0262861_20501563.jpg
ミキシングボウルを嵌める穴は、丁寧に縁取りがされています。
そして、茶箱は取り出せるようになっているんですよ。


e0262861_20514205.jpg
茶箱の内部の銀色の錫?が左右とも綺麗に残っています。

e0262861_20444365.jpg
本来ならガラスのミキシングボウルだったのでしょうけれど、
破損したのか、中国磁器のようなカップボウルが収まっていました。
なんだか湯のみ茶碗みたい。。。

e0262861_20425724.jpg

↑向かって右はイギリスにあるV&Aミュージアムに収蔵されている
1825年~30年に作られたティーポイです。画像をお借りしました。
(画像をクリックしていただくと大きな画像でみられます。)
台座の細工をのぞいてほぼ同じデザインです。

そして、この上部の箱の部分は、台座裏にあるネジでクルクルと回ることが
出来る仕組みになっているんですよ~。
中の茶箱の作りも、ちょっとだけ開いた蓋から見える写真を見る限り
同じですね。ボウルが見えないのが残念ですが。。。
私のは、お店の人曰く1850年頃に作られたと言う話です。

↓この写真だと台座の上のスタンドの形がよく分かるかな?
こちらも写真お借りしています。

e0262861_08575512.jpg
そして。。。


e0262861_20441205.jpg


↑こちらもV&Aミュージアム収蔵(画像お借りしています)の
ティーポイですが、塗りに蒔絵風の日本風なものですね。
ミュージアムによると、こちらは1840年~60年作とのこと。
足が球足で似ているので、お迎えしたティーポイが1850年あたりの物と
いうのはあながち間違いではないのかもしれませんね。





[PR]
by kokochiiimonoh | 2014-04-13 18:10 | アンティーク | Comments(0)
<< 時を刻んで。。。 さてさて正体を明かしましょう~♪ >>