<< ゴージャス! 見てるだけでも幸せ~♪ >>

このレース。。。じつは。。。

e0262861_15505252.png
e0262861_15511073.png
e0262861_15514266.png


カーテンなんです(^^)
画像は譲っていただいたサイトの物をお借りしました。
余りにもサイズが大きくて、我が家での撮影がちょっと難しいので。。。(汗)

長さが3メートル前後ほどあったと思います(@_@)
きっと100年近く前の大きな大きなお屋敷の窓にかけられていたのでしょう~。

でも余りに状態が良くて綺麗で、意外と軽くしなやかなんですよ。
こんなに軽いなんて。。。凄く驚きです。
日本のレースカーテンとは全然違いますね。ホワイトワークも本当に綺麗。。。

テーブルに広げても全然違和感ありませんよ(*^^)v
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-03-17 15:58 | アンティーク | Comments(10)
Commented by めいちゃん at 2013-03-21 21:47 x
これもまあ立派なカーテンですね~。
実は、丈のあるアンティークレースのカーテンを捜しているのですが、
3メートルは凄いです!

まだまだレースが出てきそうで
楽しみです♪
Commented by KEI at 2013-03-22 12:59 x
桃花里さま

うふふ〜〜〜〜、カーテンだってすぐに判りましたよ〜〜!!
でも素敵ですねえ!テーブルクロスにしてもまったく違和感ないですよね。
カシミールショールの長方形の物は4m×2mぐらいなので
ベットカバーにされている事もあります。これも素敵なんですよ。
しかし3mのカーテンて天井高は何m?庶民はすぐに
余計な事かんがえちゃいますよねえ。暖房費は?とか!(爆)
だって我が家で天窓つけた時10畳の1/3ぐらい天井高が
6mぐらいになっちゃって、その年から暖房費があ・・・大泣。
ああ・・優雅なレースのお話しが・・・失礼いたしました。
でも使っているところの画像是非拝見したいです。
勿論銀器もセッティングして下さると嬉しいです!!
Commented by kokochiiimonoh at 2013-03-23 18:11
>めいちゃん

アンティークのレースカーテンはありそうで中々見つかりませんよね。
こちら、3メートルと書いてますが、正確には2.9メートルです(笑)
いずれにしても長いことには変わりないのですが、英国のマナーハウスや邸宅は掃き出しの大きな窓。。。と言うか、ベランダなどに出るドアがあって、映画や本で見みた記憶があります。きっとそこで使われたんだろうな~と思っています。
シャーロックホームズとかが住んでいたアパートメント見たいな所には、そんなに大きな窓は無かったような気がしますから。。。

このアンティークと言うか、ヴィンテージのレースカーテンは本当に柔らかくてしなやか。そして軽いです。
我が家の安物の化繊レースカーテンとは全然違いますよ(爆)

素敵なレースカーテンが見つかるといいですね!
今度はとってもお気に入りのティーナプキンをご紹介しますね。
Commented by kokochiiimonoh at 2013-03-23 18:22
>KEIさん

あらら~!KEIさんには分かってしまいましたか(爆)
なんでもお見通しで、恐れ入ります^m^

テーブルクロスにしても違和感ないですか?
ノルマンディーレースのベットカバーをテーブルクロスにされている方はいらっしゃいますが、流石にレースカーテンはどうかな~と若干弱気だったんですけど(アセアセ)

カシミールショールって、ショールですよね~?4メートルもあるんですか!ビックリ(@_@)
そういえば、ネットのお店で4メートルのレースショールを見たことがありました。4メートルもどうやって身にまとうんだろうと思ったんですが、
昔の絵画にあるような、すっぽり頭からかぶって(勿論顔はだしてますが)体にまとわせながら身につけるんでしょうか?

KEIさんはHPでカシミールショールとかは紹介されないのでしょうか?KEIさんのお持ちの物は、どれも逸品ばかりですから是非色んなアイテムをご紹介くださると目の保養になります~!!

Commented by kokochiiimonoh at 2013-03-23 18:22
>KEIさん、
すいません、話の続きです。。。

話元に戻って、天井が高いと暖房の熱が上に行ってしまいますね。。。
なので、住宅会社の人は(時々住宅展示場へ行ってたんですよね)、天井に大きな扇風機見たいなプロペラをつけて、熱を循環させるように教えてくれました。もう随分昔の話なんですが、今でもそうやって熱を循環させるんでしょうか??

それにしても。。。天井6メートルって、見上げるたびに頭が後ろにのけぞって、首が痛くなりそうですね~(笑)
6メートル高さなんて、めったに無いでしょう~??
Commented by KEI at 2013-03-24 16:53 x
カシミールショールでも18世紀後半から19世紀はじめの物は
生地が柔らかくて、身体に巻き付けたり、カシミールショールで
ドレスを作ったりしてたんですよお!パシュミナより細い糸のシャトゥーシュ!
(ジョセフィーヌ皇后の絵や画家のアングルがよく描いていますよ)
19世紀半ばになると英国やフランス製のジャガード織りが多くなるので
厚手になりデコラティブなビクトリアンファッションが廃れると
お嫁入りの時に持っていく→使用しない→未使用品が残ってる
そんな感じでしょうか?
いずれはHPに載せたいんですが、桃花里さんと同じ悩みですよ〜〜!
どうやって広げた画像を撮ったらいいんでしょ〜〜〜?!?
山荘が吹き抜けのロフトなので、そこに持って行って、ロフトから撮る。
ロフトの手すりにかけて撮る・・・ぐらいしか思いつきましぇ〜〜〜ん。
18世紀のフラグメントで出帛紗を作り、武者小路千家の若宗匠に
箱書きして頂いた物はなるべく早くHPに載せますね!
Commented by KEI at 2013-03-25 07:39 x
桃花里さん
そうなんですよ!(あっ、天井の扇風機のお話しです)
山荘の方は吹き抜け(?)で2階がロフトのようになっているので
そういう扇風機(東南アジアのレストランについているような)
ついてますよお〜〜。空気を攪拌しないと上ばかり熱くなっちゃうんです。
でも扇風機っていうよりプロペラみたいな単純な物ですよね?
ん?他はもっと高性能なのかな?汗。
Commented by kokochiiimonoh at 2013-03-26 00:34
KEIさん、

ごめんなさい、お返事遅くなってますm(__)m
明日にはじっくりお返事させてもらいますね。いつも遅れてすいません(*_*)
Commented by kokochiiimonoh at 2013-03-26 23:29
KEIさん、

まずは扇風機の事から(笑)
すいません、扇風機と言うよりプロペラですね(爆)
羽が細くてプロペラ見たいです~。そう、東南アジアの建物の天井についているヤツです。

KEIさんの山荘のロフトから撮る!素敵~!!
是非趣のある写真を撮って、HPに乗せてください!もう勝手に色々と情景を想像しまくっていますよ。

お嫁に行く時に持っていく→未使用品が残っている。。。。と言う構造は他でも言えますよね。
ティーナプキンもそう見たいです。未使用品らしきもので6枚セットとか手に入りましたよ。
こちらもまたアップしますね。イニシャル入り(なんと私のイニシャルNなんですよ~)で、バラの手刺繍が施されてます。
それから未使用ではないかもしれませんが、とても大切に綺麗に保存されてあった6枚セット。
こちらはロマンティックなリボンの下にエンブレム。イニシャルはやっぱりNです(笑)。スクロールにバラと小花が繋がって。。。(解説ではガーランドとありましたが、正確には違うかも。でもそう見えないこともない刺繍があります)
とにかく一番のお気にいりになったのは間違いないです~。

Commented by kokochiiimonoh at 2013-03-26 23:30
すいません、またまた文字が多すぎて2回に分けての投稿です(汗)

>18世紀のフラグメントで出帛紗を作り、武者小路千家の若宗匠に
箱書きして頂いた物

なんだかいつもKEIさんのお話から凄そうなものがサラリと出てきますね。(笑)
もう全部楽しみですよ!!いずれも他に劣らない逸品ぞろいをお持ちなんですから~!本当に羨ましいです。
絶対、コレクションの本を出してください。バイブルにします~(^O^)
<< ゴージャス! 見てるだけでも幸せ~♪ >>