<< ジャポニズム イギリス人なのに、凄い!! >>

迫力あります!

こちらでチラリとお出ましになった茶壺。
渡邊美術店の刻印があります。おそらく明治初めの輸出用につくられたものかと。。。

e0262861_23364184.jpg

e0262861_23351823.jpg


e0262861_2338560.jpg

e0262861_23382578.jpg


日本の銀器についてはほとんど知らない私です(汗)
手元の資料から分かることをご紹介しますね。

渡邊美術店・・・・1879年に渡邊長蔵が横浜住吉町に開業。のち弁天通に移転。
           漆器・陶磁器・近郊品・絹製品を扱う横浜の日本人商店の先駆け。
                           (土居律子氏著 骨董銀器入門講座より抜粋)


明治に入り、世界万博等を通して日本の美術工芸品が注目を浴びました。
欧米からの好みを写した日本の美術工芸品が沢山海を渡っていくことになります。
この茶壺もそのうちの一つでしょう。なぜかこういう品は、日本ではほとんど売られること無く、また目にすることも稀です。
輸出用薩摩焼の大壺なども、家庭に飾られること無く(飾る場所もなく)普段目にすることもありませんよね。
しかし、明治初期に作られたものは非常に手が良く、見る者をうならせる物が多いです。
その素晴らしさに嵌ってしまうのが怖い~((+_+))

写真の茶壺は、蓋を開けると中蓋があります。
茶壺の口の一点を中蓋の一点と合わせると、中蓋がすぅーっと下に落ちて行く様は感動ものです!
菊の打ち出し。塀、敷石、水紋、門扉などなど、細密に描かれていて、どれだけ時間をかけたのでしょうか?
気が遠くなってしまいます。
もっとこういう銀器を作ってもらいたいけれど、人件費や時間、技術などを考えるとどうも無理っぽい(T_T)
作ったとしても、きっとビックリするようなお値段になるんでしょうねぇ~。。。。      
[PR]
by kokochiiimonoh | 2013-01-19 00:02 | アンティーク | Comments(10)
Commented by めいちゃん at 2013-01-19 08:02 x
これはこれは・・・・あまりの迫力と美しさに息をのんでしました!

日本の銀器の素晴らしさを感動をもって再認識いたしました。

「中蓋がすぅーっと下に落ちて行く」
日本の職人って素晴らしいなー。

日本の銀器にまで手を広げると、収拾がつかなくなるので
皆さまのブログで楽しむだけにしておきます^^;

Commented by kouran at 2013-01-19 09:00 x
拝見させていただきました!upありがとうございます!
実は先日、ヤフーオークションでやはり明治時代の銀製輸出向け茶壺を見て「欲しい〜」と思ったのですが、
落札価格が80万円ちかくになってしまいとても参入できませんでした。(汗)
茶道具人気の今、入手しようとしても相当難しいけれど・・・それでもこのような素晴らしいお品を拝見すると
やっぱりなんとかしたい!という思いに駆られます。
彫りが菊だけでないところもまたいいですね〜日本の庭園が意識されているように思います。
これからも日本銀器とよいお出会いがあることをお祈りしております。そのときはまた是非拝見させてくださいませ!
Commented by kouran at 2013-01-19 09:06 x
度々すみません、土居律子さんの骨董銀器入門ですが、
日本の輸出向け銀器についてかなり詳しく書かれてあるのでしょうか。
今からではもう無理だと思いますので、購入しておけばよかったです。
Commented by KEI at 2013-01-19 11:54 x
素晴らしいですね!茶壺に関しては色々考える所や
考察しなくてはならない事があるのですが
実は今主人がノロにやられまして・・・大汗。
もう少ししたらゆっくり書かせて頂きますね!
・・・というか直メール差し上げたいのですが、まだパソの
送信機能だめですか?受信は出来るんですよね?
ではまたのちほど!
Commented by kokochiiimonoh at 2013-01-20 02:01
めいちゃん、

見ていただいて有難うございます!
そして、日本銀器の作りの良さを分かっていただけてとても嬉しいです。もっともっと見直されても良いのでは?と思いますが、
人気がでるとお値段も高くなるのが玉にきず。。。(爆)
どうか、スージークーパーの二の舞にはなって欲しくないと切に願います~(^^ゞ

Commented by kokochiiimonoh at 2013-01-20 02:13
kouranさん、

見に来ていただいて有難うございます!
ヤフオクで80万近くですか?!\(◎o◎)/! ビックリ~です。
どんな作りのものかを見たわけではないので、その価格が正当かどうか分かりませんが(汗)
この茶壺はそんなにしませんでしたよ。じゃないと買えません。。。

そして、茶道具が今人気なのですか?
すいません。。。和骨董についてはほとんど知識が無いので、今どんなものが人気なのか、また注目されているのかもサッパリ。。。
ただ、余りに評価が上がり過ぎてかけ離れて行くと、本当に欲しい人には辛いですね。
投機目的で買われる方もいらっしゃいますから。。。(*_*)
欲しいと願っていると、ひょいと現れたりするのがアンティークの面白いところですから、どうぞ強く願っていてくださいね!

Commented by kokochiiimonoh at 2013-01-20 02:14
kouranさん、

続きです(すいません、文字数が多すぎて2回に分けてお返事しています。)

土居様の著書のことですが、こちらはウェブ雑誌になります。
土居様のHPにも紹介されていらっしゃいますので、そちらからストアに入って購入することもできますよ。
土居様は里帰り銀器にとてもお詳しくて、そのウェブ雑誌の9月号(2回目の9月号)に詳しく紹介されています。
また1月号(2回目の1月号)には、ボンボニエールについて詳しく紹介されてます。

それから、同じウェブ雑誌の村上直子著「伝統工芸の匠たち」創刊号には、東京銀器について紹介されてます。

どうぞご覧になってくださいませ~!

Commented by kokochiiimonoh at 2013-01-20 02:19
KEIさん、

ご主人様、ノロウィルスにかかられて。。。大丈夫ですか?!
あれは辛いでしょう~?体力を使いますし、どうぞ脱水症状にならないように気をつけてくださいね。お大事に。。。

茶壺、凄いものをお持ちのKEIさんに素晴らしいと言っていただけると、
とても嬉しいです(*^_^*)

>色々考える所や
考察しなくてはならない事があるのですが

何でしょう~??すっごく気になります~(?_?)
メールは相変わらず送信できませんが、受信は大丈夫ですよ!
是非色々とご教授していただきたいです。
ご主人様が回復されて、お時間が出来ましたらどうぞメールを送ってくださいませね(^O^)

楽しみにお待ちしております~。
Commented by kokochiiimonoh at 2013-01-20 02:44
kouranさん、

すいません、土居様のHPからはリンク切れで飛んで行けませんでした(+o+)
土居律子 骨董銀器入門講座で検索をかけていただけますか?
そして、読むためにはユーザー登録をして、読むのに必要なポイントを購入しなければなりません。。。
Commented by 高蘭 at 2013-01-20 07:51 x
土居様のウェブ雑誌について詳細にお教えいただきありがとうございます!
ところが、この時代にあるまじき事ですが(笑)
私はクレジットカードを持っていないので、購入は夫に頼まなければならないのです。
でもなんとかして入手しますね。東京銀器のことも詳しく知りたいです〜。
輸出向け銀器を制作していたのは横浜から近い東京ではないかと考えておりますので、大変興味深いです。
<< ジャポニズム イギリス人なのに、凄い!! >>