<< ティファ二ー♪ ただ、砂糖を振るためだけに。。。 >>

シュガーキャスターたち。。。

最近眠すぎて、なかなか更新できませんでした~(汗)
やっと今日更新できます。

e0262861_23445075.jpg

↑こちら、1885年というまま古い時代のシュガーキャスターです。
19世紀後半~20世紀前半に作られたものは、結構大型のものが多く20センチを超えるものもあります。
しかし、これは17センチというやや中型のタイプ。

私が気に入ったのは、ピアッシングがとても細やかできれいなこと。そしてしっかりとした作りで重厚(結構重いんですよ。)
打ち出しも華やかできれいな点でしょうか。
このピアッシングが細やかで綺麗なものに、なかなか巡り会わなくて。。。。こちらをお迎えするまでに長い時間かかってしまいました。

e0262861_2345374.jpg


↑こちらは1890年(だっけ?)に作られた、中型よりもっと小さな小型のタイプのキャスターで、高さ10センチほどです。
しかし、小型な割には細工もかわいらしく細やかで、重量もありしっかりした作りです。リボンとお花が
すごく可愛らしくてツボでしょうか?
そして何よりも、小型なので使いやすいことこの上ないです!キャップは振っても落ちない仕組みになっていて、
安心して振りかけることができます(^O^)

以下、アンティークサイトで紹介されている文を抜粋させていただきますね。

「キャスターのキャップにはバヨネット・ロッキング(Bayonet Locking)と呼ばれる差込口のあるロック方式が施されています。
バヨネット・クリップ(Bayonet Clip)又はバヨネット・フィッティング(Bayonet Fitting)とも呼ばれ、差し込んで回すと上蓋が閉る構造です。
この構造はもともと、ライトハウス、と呼ばれる灯台のような形のキャスターに考案されたのが始まりで、17世紀後半初めてキャスターが登場した当時のスタイルです。」

e0262861_2346813.jpg


二つを並べてみると、大きさの違いが判ると思います。
小さいほうがいかに小ぶりかわかりますか?バックのレースはティーコゼーです。
そうは言っても、大きいほうも中型の部類なので、大型のキャスターはとっても存在感があるのでしょうね~。
[PR]
by kokochiiimonoh | 2012-09-26 23:47 | アンティーク | Comments(0)
<< ティファ二ー♪ ただ、砂糖を振るためだけに。。。 >>